よくわかる!はじめてのノベルティ購入ガイド

トップページ > ノベルティについて > せっかくなら喜んでもらえるノベルティを

せっかくなら喜んでもらえるノベルティを

企業やお店が販売促進活動の一つとして取り入れているのが、社名や店の名前を入れたグッズを作って配ることです。
このグッズのことはノベルティグッズと呼ばれており、もっともお馴染みなのはポケットティッシュという人は多いでしょう。
街角で配られているポケットティッシュは、本来ならティッシュが必要なら自分で買わなければならないので、ありがたいものなのですが、あまりにももらえるのが当たり前という意識が定着し、ありがたみが薄れているのが事実です。
さすがに、世界を巻き込む金融ショックが起こった時には、企業ができるだけ支出を抑えようと宣伝広告費を削ったこともあり、一時、街中からポケットティッシュが配られる光景が見られなくなった時には、ありがたみを感じた人もいたでしょう。
とはいえ、経済回復基調と共にまた始まり、当たり前という意識も戻ってきています。


企業にしろ、お店にしろ、ノベルティグッズを配る一番の目的は、グッズを見て関心を持つ人を増やし、商品の購入やサービスの利用を促すことです。
そのためには、もらえて当たり前であり、珍しいと感じることもなくなったポケットティッシュは、せっかく作るのには不向きといえます。
そのため、ノベルティグッズを作るにあたって、今、どのような物なら喜ばれるのかというリサーチが欠かせなくなってきています。
特に、若い女性を中心にソーシャルネットワーキングサービスの利用が爆発的に増え、面白い物や関心が集まりそう物はすぐに、写真付きで交流サイトにアップされる時代です。
それならば、女性の心をつかむノベルティグッズを作ることにより、どんどん情報が拡散していき、注目されることにつながります。


女性はいつの時代も流行を作るのが上手ですし、新しい物や楽しい物に対するアンテナが敏感に反応するという特性を持っています。
ノベルティグッズとして、暗闇でライトが当たると反射して目立つことで防犯に役立つアイテムである、リフレクターが使われることがありますが、これがスイーツそっくりに作られていたり、女性人気が高まっている歌舞伎柄や将棋の駒といったモチーフも作れるとあって、話題を提供してもらうにはぴったりです。
配るにしても、重かったりかさばったりということがありませんし、バッグに付けたりといったことが気軽にできるため、使いやすさという点で問題はありません。
ユニークな物を作り、交流サイトで広まっていったなら、おそらく使うよりもコレクションアイテムとしてとっておくという人も多くなるでしょう。
興味を引くという目的で作るという点からいえば、大成功です。

ページトップへ